アレルギーは突然やってくる!あなたの白髪染めは大丈夫ですか?

長年愛用している白髪染めだから大丈夫。

と、安心して使用していたら、ある日突然頭皮に強い刺激を受けて慌てて使用を中止した!!そんな話を聞いた事がある、あるいは経験した事ってありませんか?

実は白髪染めによるトラブルは年々増加の一途をたどっていて、消費者庁から注意喚起が出ている程なのです。

そのトラブルは、皮膚に刺激を感じた程度の、身体への被害にまで至らなかった事例から、アレルギー性皮膚炎を起こしたというケース、あるいは頭皮が抜け落ちてしまったなど、日常生活に支障が出る程深刻な被害をもたらす場合もあるのです。

ここでは、それらの原因と、対処方法についてご紹介したいと思います。

【白髪染めトラブルの原因とは?】

《体調の変化》

長年同じ白髪染めを使用しているのに、突然アレルギー反応が!そんなケースもあるのです。

これは、年齢を重ねる事で起きている体調の変化・あるいは、体調不良・生理など、普段とは異なる体調の時に、アレルギー反応が出てしまった事で起きているケースです。

《薬剤成分の変化》

普段の白髪染めでも、私たちが知らないところで、日進月歩の進化を遂げています。当然、その含有成分にも変化があるのです。

こうして、これまで含まれていなかった成分にカラダが反応してアレルギーを発症する事もあるのです。

《使用後のケア》

白髪染めの後、しっかりと色が出なくなるまで髪を洗う必要があります。しかし、案外「色が出なくなるまで流す事」には時間が必要なので諦めてしまう事も。

あるいは、あまり流し過ぎると髪が痛むからとか、時間がない、面倒だからなどの理由で切り上げてしまったら、頭皮などについた薬剤がそのままの状態になってしまいます。

これがアレルギーを発症させる原因にもなりますので、しっかりと洗い流しましょう。ただし、あくまでも優しく洗い、爪を立てる・ごしごし洗うなどは避けましょう。

《使用頻度の問題》

白髪を染めている事で、逆に生え際の白髪が目立ってしまい、カラーリングの頻度が高くなります。しかし、カラーリングを行う事で、頭皮も髪の毛もダメージを受け、回復には最低でも2か月は必要。

しかし、白髪染めを始めると、実際にはもっと頻繁にカラーリングを行うのが普通になってしまいます。これによって、頭皮にダメージ・ストレスが蓄積され、どこかのタイミングで爆発してしまう。

それがトラブルという形でカラダに現れる事があるのです。

《パーマとの併用》

パーマとカラー剤を同時に使用する、あるいは間をあけずに使用する事によりアレルギーを発症する事があります。

これもカラーリングの頻度が高いのと同様に、頭皮に対するダメージの大きさが原因なのです。

【アレルギーの発症は防げるのか?】

このように、白髪染めが原因でアレルギーを発症する可能性は少なくないのです。

しかし、白髪を染めないという選択肢は難しい事もありますよね。ではどうやってアレルギーの発症を抑えればいいのでしょうか?

《カラダをいたわって使用しましょう》

白髪染めを行ったならば、そのダメージからカラダが回復するまでは白髪染めは行いません。

もし、その間に白髪が目立って困るという場合には、カラートリートメント、カラーシャンプー、ヘアマニキュアなど、ダメージが少ないアイテムの併用をおススメします。

《パッチテストは毎回行いましょう》

薬剤の使用方法に記載されているパッチテスト。前に一回試したので、もうやらなくていいかな?と、こういった判断ですぐにカラーリングを始める事も少なくないと思います。

しかし、薬剤成分の変化・体調の変化などの要素を考えると、面倒でもパッチテストは毎回行うべきなのです。

【白髪染めでアレルギーを発症/実例】

《3度目の白髪染めでアレルギー発症》

全く同じ白髪染めを使用したところ、3回目の使用でアレルギーを発症。顔全体が腫れあがり、仕事にも行けない状態となりました。

メーカーに連絡をしたところ、パッチテストの結果を聞かれ、していないと伝えたら「毎回テストをしてくださいと記載している」と言われました。

《妊娠中にはカラーリングは避けましょう》

妊娠中の事。いつも使用している白髪染めを使用したところ、頭皮にかゆみと痛みが出てきました。

何となくひりひりするカナという程度だったので、そのままガマン。時間が来たのでシャンプーですっきり、のはずが、全部終わって髪の毛を乾かそうとしたタイミングでも、頭皮にかゆみと痛みが残っていました。

そのまま数日間痛みと戦いながら生活して、やっと改善。こんなことは初めてだったので驚いて医師に相談したところ、妊娠中はカラダが普段とは違っているので、カラーリングは止めた方がいいと教えてもらいました。

中には髪の毛が抜け落ちる人もいると聞き、この程度で良かったのだと実感。これからは妊娠中には白髪染めはできないと思いました。

【まとめ】

白髪染めの後って、髪は凄く痛んでいますよね。それだけ強い薬剤を使用しているという事なのでしょう。

そのことを冷静にとらえるならば、体調次第でアレルギーを発症する事はある意味当然のことなのかもしれません。

ただ、染めないと何かと困るという事情から、そのことには目を向けないようにしているのではないでしょうか?

しかし、大きなトラブルになる前に、本当に必要なのかを考える事、正しく使用する事、自分の状態がハイリスクだと感じるのならば、手間がかかったとしても、出来る限りリスクの少ない物の使用で対策を行いましょう。

情報提供サイト様→【祝かぶれ卒業】肌荒れしない白髪染めを探している人のためのサイト

妊娠中にオススメの運動ってあるのかな?

妊娠して、安定期に入ると、色々な事をしてみたくなりますよね。妊娠初期のあの辛いつわりを耐えたのですから、今の内にやりたい事全部やってしまいましょう!!

…と言いたいのですが、やはりそこは妊娠中のカラダです。普通と一緒とはいきません。

そんなママ達にとって、妊娠中にもカラダを動かしてストレス発散したい!!そんな欲求を持っている人少なくないですよね。

安定期に入ったならば、それは心身ともに良い事のはず。では、具体的にはどんな運動をすればいいのでしょうか?

今回は、妊娠中に行うべき運動をピックアップしてご紹介したいと思います。

【妊娠中の運動】

妊娠中にもカラダを動かすのは良い事だと言われていますが、なんでもいいわけではないはず。では、ふさわしい運動の種類はどんなものか。逆に避けるべき運動と配慮すべき体調はどんな時なのでしょうか?

《妊娠中に運動はしてもいいのか》

先ず、基本中の基本。妊娠中に本当に運動しても大丈夫なのか?について。

答えはイエス。それにはれっきとした理由もあるのです。

妊娠中はつわりや体調の変化などが理由で、どうしても運動不足になりがちなのです。これが原因で筋力が衰える傾向にあります。

しかし、これから大きくなる赤ちゃんを支えるためにも、出産に備える意味でも、安定期に入って運動を行い、筋力をアップしておくことはとても良い事なのです。

では、具体的にどんな運動を行えば安全なのでしょうか?

《妊娠中どんな運動が安全?》

(腹筋)

え、腹筋?と言われるかもしれませんが、出産時に腹筋は必要なので、鍛えておくことをお勧めします。安産のために、とまでは言い切れませんが、出産の助けになるのは本当の話です。

ただし、ここで行う腹筋はハードな物ではなく、軽い物を短時間行う程度にとどめます。妊娠中はホルモンの関係で関節が緩くなっているので、無理すればケガや不調の元となってしまいます。

(ウォーキング・お散歩)

自分のペースでゆっくりと歩くこと。これだけでも運動不足解消になるのです。どんなに楽に歩けるとしても、決してハイペースで歩いてはいけません。大切なのは、無理しない事と、出来る限り毎日続ける事なのです。

(ストレッチ)

家の中でもできるのがこのストレッチ。これも、凝りかたまっているカラダをほぐす程度にとどめます。

(安産・腰痛体操を運動代わりに)

病院・産院などで行うプレママ対象の勉強会で習う腰痛体操や安産体操を運動代わりに行うのも一つの方法です。

(マタニティヨガ)

ゆっくりしたペースで行う事が可能なマタニティヨガ。

妊娠中でも安心して行える運動として定着しています。自宅でレッスンする事も可能ですし、教室も多数存在していて、比較的簡単に始められるのも良い点ですよね。

《妊娠中の運動の時間》

1回がどんなに長くとも30分以内にとどめます。

《妊娠中に避けた方が良い運動の種類》

どんなに体力や筋力に自信があったとしても、激しい運動や長い時間運動を行う事は絶対に避けましょう。

《こんな時には運動を控えましょう》

体調が悪化している時・運動による疲れやカラダの痛み、お腹の張りや違和感などがあった場合にはただちに中止しましょう。必要に応じて、早めに医師に相談しましょう。

《妊娠中の運動、始める前にすべき事》

いくら安定期に入ったとしても、ママだけの判断で始めるべきではありません。事前に医師に相談しましょう。

《妊娠中、先般ママ達はどんな運動をしていたの?》

(毎日のお散歩)

上の子と走って遊ぶ事などが無理になってしまいましたので、その代わりにと一緒にお散歩に出かけました。運動不足解消にもなりますし、子どもも満足できている様子でした。

(ウォーキング)

つわりが治まった頃、今度は便秘に。歩くことで解消できればと思い、毎日ウォーキングに出かけました。運動不足にも便秘解消にも役立ちました。

(丁寧にお掃除)

床の掃除やトイレ掃除といった事を運動の代わりに頑張りました。家中が綺麗にもなりましたし、運動不足解消になったのか、とっても安産でした。

(マタニティヨガに通いました)

普段から運動をする事が好きなのですが、妊娠中にはカラダを自由に動かせない。そのストレス発散目的でヨガのマタニティクラスに通いました。お腹の大きいプレママ達ばかりなので恥ずかしさもなく会話も弾み、とても楽しい息抜きの時間になりました。運動不足も解消できて一石二鳥。オススメです。

(スイミング)

インストラクターだけでは不安だったので、助産師さんが常駐しているスイミングに通いました。スイミングは案外体への負担が軽く、泳げない時には歩けばいいので気楽に運動不足の解消が出来ました。

【まとめ】

妊娠しても、運動でストレス発散できるのはママにとっても赤ちゃんにとっても良い事ですよね。

しかし、選ぶ運動の種類と、それを行うタイミングが重要です。

そして何より、かならず事前に医師に相談する事。医師の許可が下りたら、自分に合った運動をチョイスして、思い切って始めてみてはいかがでしょうか?

妊娠1ヶ月ってどんな感じ?

妊娠1ヶ月、一般的には未だ妊娠の自覚のない時期ですよね。しかし、妊娠しているママの体には、確実に変化が始まっているのです。

あとで振り返ってみれば、そういえばこんなかんじだったかな~?なんて話をよく聞きます。

その“そういえば”って、これから妊娠するかもしれないママ達、特にはじめての妊娠の場合には興味深々なのだと思います。

という事で、今回は妊娠1ヶ月をテーマにお伝えします。

【妊娠1ヶ月、その兆候とは?】

《妊娠1ヶ月とは》

通常ならば、生理予定日に生理が来ない事で妊娠かなと思うのが妊娠の可能性を感じる最初のタイミング。もし、この時実際に妊娠していたとするならば、すでに妊娠1ヶ月後半から2カ月の前半に入っている時期なのです。

という事は妊娠1ヶ月はそれ以前の1か月間。起算すると、妊娠1ヶ月の始まりは妊娠0月0日、実はまだ生理の真っ只中という事になります。

《妊娠1ヶ月目にカラダの中で起きている変化》

妊娠期間でいえば、妊娠1ヶ月は妊娠超初期にあたります。

この頃に感じる体調の変化をざっくりと表現するならば、“風邪をひいたかな?”と感じていた、あるいは、“生理前症候群だと思っていた”という意見がたくさんでした。

妊娠1ヶ月に起きる体調の変化と、生理前症候群に共通点があるのは、カラダに変化をもたらしている黄体ホルモンの影響。同じホルモンが影響しているので、現れる症状も似通っているのです。

ただし、妊娠しなければ分泌されないhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンも存在し、これもママのカラダに影響を与えています。

例えば、異常な食欲が出た・眠気の強さが生理前とは明らかに違っていた等、個人差はありますが、注意深く観察していればその違いに気づく事が出来るのかもしれません。

《妊娠1か月の赤ちゃん》

この頃、お腹の中には未だ赤ちゃんはいません。まだ受精の真っ只中。その後胎芽となり、子宮へ移動するのです。その後無事着床して始めて赤ちゃんが子宮に宿るとなるのです。

《妊娠判明できるの?》

妊娠1ヶ月の時期は、残念ながらまだはっきりとした妊娠判定を行える時期には少し早いのです。

病院に行ったとしても、判定結果の不正確さからもう少し様子を見ましょうと言われる事になりかねません。

ハッキリと正確な診断を求めるならば、生理予定日の1週間後あたりを目安に病院に行きましょう。

《生活面での注意》

しかし、計画的な妊娠、あるいは妊娠の可能性がある場合には、生活面を変えておきましょう。

生活面では妊娠に与える影響の大きい物もたくさんあります。特にタバコやお酒・薬・カフェイン・レントゲン・インフルエンザなどの病気感染など、お腹の赤ちゃんに直接悪影響を与えてしまう事も少なくありません。

規則正しい生活を送る事を心がけ、栄養バランスの良い食事をいただきましょう。また、趣味のスポーツや旅行などであっても、あまり激しく行う事は控えておいた方が賢明です。

(葉酸の必要性について)

妊娠中、特に妊娠初期に必要な葉酸について、ご紹介します。

計画的な妊娠の場合、妊娠前の妊活開始段階で摂取する事を医師に勧められるほど妊娠したカラダには必要なのがこの「葉酸」なのです。

では、この葉酸が不足するとどんな問題が起こるのでしょうか?

(葉酸の体内での役割)

葉酸には、体内の細胞分裂・増殖の活性化というとても大切な働きを持っています。これは、お腹の赤ちゃんにとってだけではなく、ママのカラダにもとても大切な成分なのです。

しかし、この葉酸が不足してしまった場合、優先されるのはママの体。つまり赤ちゃんに必要な成分は届かなくなるのです。

その影響で、お腹の中の赤ちゃんには、神経管閉鎖障害という先天異常の発症リスクが高くなってしまうのです。

この先天異常の主な症状としては、脊椎の中にあるべき脊髄が外に飛び出してしまう二分脊椎(にぶんせきつい)、脳が欠如あるいは退化してしまう無脳症などがあります。

万が一この二分脊椎になってしまった場合、歩行・排泄機能障害が残る可能性がある事、そして無脳症ならば、流産や死産の確率が非常に高くなる怖い障害なのです。

こういった先天性異常との因果関係が明確になっているため、妊娠=葉酸の摂取が不可勝とされているのです。

しかも、この障害を未然に防ぐためには、妊娠のごく初期に葉酸を摂取する必要があるのです。

葉酸の摂取に関しては、国の機関である厚生労働省からも積極的に働きかけている程、妊娠中に重要な栄養素なのです。

【まとめ】

計画的な妊娠でない限り、妊娠1か月という時期には、それに気づかずに生活している事が殆ど。となると、妊娠の可能性がある女性にとっては、常にその事を頭において生活しなければいけないという事になります。

普段の生活を規則正しく健康的にすれば、あまり神経質にはならずに、健全な状態での妊娠が可能になります。

妊娠のためと考えすぎてはストレスやプレッシャーになりますので、家族みんなの健康のためと考え方を切り替えてみるのも一つの方法。試してみてはいかがですか?